完璧主義は時代遅れ?「完璧」がもたらす悪影響に迫る

Picture1

皆さんは自分自身が完璧主義者だと思いますか?もしくは、周りから完璧主義者だと言われたことはありますか?「完璧」であることを追求するあまり失敗や批判を恐れてリスクを避けたり、「完璧」でなければならないのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

2019年のイギリスのバース大学の研究で、近年、世界的に完璧主義者が増加傾向にあることがわかっています。しかし、完璧主義を追求することは、失敗を恐れやすくなるだけでなく、健康を害することにもつながります。そこで今回は、成果を出すことと、完璧でないことが両立する理由についてご紹介します!

 

 

どうして「完璧」を追求する必要がないのか

近年、製品の開発や従業員の待遇、労働力の組織化のトレンドと完璧主義はますます乖離しつつあります。

 

仕事において完璧主義が好まれない理由は二つあります。

一つ目は、仕事で細部にこだわることが近年の市場システムと合っていないからです。

例えば、多くのデジタル系企業は、必要最小限の機能を搭載している製品を作ることを繰り返して製品を開発する、MVP(Minimum Viable Product)の概念を取り入れています。これは、新しい商品を早い段階で取り入れる「初期採用層」の顧客からのフィードバックに基づいて改良し、新しいプロトタイプをどんどん出荷していく製品開発の形式のことです。開発を先延ばしにしたり細部にまでこだわったりせずに、ユーザーの手元に製品を届け、その出来栄えを確認するのです。優先度の低い機能にこだわらず、市場からの累積的なフィードバックにより、製品をより良くしていきます。

 

完璧主義が好まれないもう一つの理由として、従業員の健康が重視されるようになったことが挙げられます。2017年に発表された研究によると、1989年から2016年にかけて、アメリカ、イギリス、カナダの大学生の中で、健康を重視している学生が増加していることがわかりました。さらに、2016年に行われた大規模な文献調査では、完璧主義が、うつ病、燃え尽き症候群、ストレスや自傷行為などの、一連の精神健康障害と関連していると結論付けられています。これらの研究から、健康的な生活を守るために完璧主義を好まない人が多くいることがわかります。

 

「完璧主義」がもたらす悪影響とは

なぜ「完璧主義」が健康を害するのでしょうか?心理学者は、完璧主義者を3つのタイプに区別しています。これらのタイプは、完璧にこなすように自分にプレッシャーをかける「自己志向型」、同僚に最高水準を求める「他者志向型」、周囲の無理な期待に応えなければならないと考える「社会的規定型」と呼ばれています。最後の「社会的規定型」に属する人は、特にストレスを感じやすいようです。最近のイタリアの研究では、自分の業績に対して極めて高い目標を持つことではなく、失敗を恐れることが燃え尽き症候群の原因となることがわかりました。

 

さらに、完璧主義者はチームの結束力を損なう可能性もあります。2020年に行われた研究で、ドイツのマールブルク大学のエミリー・クレシェフスキー氏とキャスリーン・オットー氏は、完璧主義のレベルやカテゴリーに関する記述に基づいて、同僚になりうる人物を評価するように求めました。完璧主義者は、非完璧主義者に比べて、社会的スキルが低く、好感度が低いと評価されました。一方で、完璧主義者は非完璧主義者よりも有能であるとも評価されました。

 

多くの方は、この話に対して矛盾があると思うかもしれません。異常に細部にまで注意を払う上司は非常に厄介ですが、何の基準も持たない人に比べれば、はるかにマシです。完璧主義志向の上司は、「良い製品」と「とても良い製品」を見分けることができます。また、原稿の編集者や医薬品規制当局のように、完璧主義を積極的に求める仕事もあります。しかし、健康を害してまで完璧主義でいるべきなのでしょうか。

 

幸いなことに、完璧主義を求めないとしても、高い水準の成果を出すことができます。カナダのオタワ大学の3人の研究者は、昨年発表した論文で、「完璧」を求める人よりも、「卓越」を求める人の方が創造的思考のテストにおいて優れていることを発見しました。何が質の高い仕事であるかを明確に定義すること締め切りを作り、先延ばしをしないようにすることで、完璧主義を防ぐことができるのではないでしょうか。

 

今回は、完璧主義である必要がない理由についてご紹介しました。如何だったでしょうか?本サイトではボストンで話題のニュースをご紹介しています。ご質問やご意見あれば、是非お問い合わせフォームをご活用ください!!記事が良かったらシェアをお願いします!

 

引用:The Economist「Why it’s OK not to be perfect at work

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Motivation

Action