今すぐできる!失敗を受け入れる脳の作り方

Picture1

多くの人は、家族や友人、あるいは世間から、失敗を避けるように仕向けられてきました。失敗から学ぶ機会を受け入れるのではなく、安全策をとるように教えられています。皆様の中にも、新たに挑戦したいことがあるものの、失敗を恐れ、一歩踏み出すことに躊躇した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、失敗を受け入れることによって、リスクを恐れずにリターンの大きな挑戦に踏み切ることができるようになります。今回は、失敗を受け入れるための脳の作り方について、いくつかの実践的な戦略をご紹介します!

 

失敗による痛みが、最良の教師になる!

起業家は、お金の損失、時間の損失、機会の損失から、最高の教訓を学ぶことができます。これらの損失とそれに伴う痛みには、「ビジネスでやってはいけないこと」を教えてくれるという役割があるのです。

 

痛みから教訓を得ることは、子供が熱いストーブを触ることと同じことです。初めて触ったときはとても痛いので、もう二度と触りたくないと思ってしまいます。次にその熱いストーブの近くに行ったときには、本能が、最初にやけどをしたこと、そしてそれがどれほど痛かったかを思い出させるのです。

 

ビジネスで判断を誤ると、同じことが起こります。痛みを認識し、間違ったことをしたことから学べば、次は正しい判断ができるはずです。では、安全策をとって、痛みから逃げたらどうなるでしょうか。

 

 

失敗を恐れずに、大胆に考えることの重要性

安全策をとることの本当の危険性は、過去の成功体験に固執してしまい、大胆に考えられなくなってしまうことです。大胆に考えられないと、たとえ頭の中にあるアイディアがとても良いものだったとしても、安全策をとり、それを実行に移す前に諦めてしまいます。しかし、しばしばそのようなアイディアが、破壊的で大きな注目を集めることがあります

 

例えば、頭の中にある壮大なアイディアを紙に書き、他の人に見せたとします。それを見た人から「クレイジーだ」と言われたら、そのアイディアが他人の予測できることを超えていることを意味します。だからといって、そのアイディアが必ずうまくいくとは限りませんが、もしそれが成功すれば、破壊的で、大きな注目を集めることになります。しかし、大胆なアイディアではなく安全策をとると、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまいます

 

ある起業家は、インドアのトレーニング施設のフランチャイズを開くことを思いついたとき、大胆に考えることの重要性を、身をもって体験しました。この起業家は、フランチャイズの専門家に、加盟店のコストを低く抑え、加盟店一人一人と関係を築くというアイディアを持って行ったときに、「バカな考え」だといわれました。しかし、今では、この大胆なアイディアが主なセールスポイントとなり、現在世界中に700近くのFit Body Boot Campの拠点を作ることができました。 

 

 

失敗を受け入れるように、脳を書き換えましょう。

私たちが失敗を恐れるのは、安全策をとるべきだと教えられてきたからです。しかし、脳はこれまで学んだことを上書きすることができ、失敗を受け入れるように、脳を書き換えることができます。

 

では、失敗を受け入れるために、どのように脳の配線を変えればいいのでしょうか?

まず、学び、改善するプロセスに夢中になることが重要です。結果よりもプロセスに重点を置くと、結果に対して過度に落胆することがなくなります。なぜなら、失敗こそが最高の教師であることを理解できるからです。そして、ライバルよりも長期的に戦うことができ、その結果として、学ぶことに誇りを持つことができるのです。

 

失敗を受け入れるもうひとつの方法は、ビジネス以外の場面で、自分が不快に感じるような体験をすることです。具体的には、苦手なことに挑戦する「6週間チャレンジ」がおすすめです。例えば、体力を使う運動が苦手な人の場合、ランニングやハイキングなどへの挑戦が候補として挙げられます。その期間中は、得意なウェイトリフティングをするのではなく、苦手なフルマラソンやハイキングのイベントに参加します。

 

こうした挑戦をすることで、失敗の可能性に直面しても前に進むよう、脳を再教育することができます。失敗から逃げるのではなく、失敗を受け入れることを学べば、成功するために必要な答えが見つかり、どんな困難にも打ち勝つ覚悟ができるようになるのです。

 

 

今回は、失敗を受け入れる脳を作るための実践的な方法をご紹介しました。如何だったでしょうか?本サイトではボストンで話題のニュースをご紹介しています。ご質問やご意見あれば、是非お問い合わせフォームをご活用ください!!記事が良かったらシェアをお願いします!

 

 

引用:

Entrepreneur「Why Failure Is Your Best Friend in Business

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Motivation

Action