第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

トップ候補1

「気候変動問題」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?グリーンハウスガス?異常気象?世界のトップ研究機関が議論している“気候変動の今”をボストンのトップスクール在籍の皆さんに語って頂きました。

第一回は「MITエネルギー会議2022」のコンテンツディレクターを務めた伊藤さん、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所・客員研究員の光岡さんによる寄稿です!

>>「第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(1/2)」はこちら  



つづいて、
ド大ウェザーヘッド国際問題研究所の客員究員として、サステナブルな炭素社構築の究に取り組んでいる筆者が、ハドで事している2つのプロジェクトを紹介させていただきます。

 

気候変動リビング・ラボ(Climate Change Living Lab

ド大には、サステナブルな社現に向けたアイデアとソリュションを創出することを目的に、2016年に創設された気候変動リビング・ラボ(Climate Change Living Labという究プラットフォムがあります。同ラボは「私たちのキャンパスはソリュションの一部である」をコンセプトに、ハド大学のキャンパスと周のコミュニティ実験場として、策につながるアイデア創出および新たなソリュションの開を進めています。ここで生み出したソリュションは、大のカボンニュトラルの達成をはじめ、地域、都市、および世界各に展開し、気候変動対策にしていくことを目的としています。

Climate Change Living Labのイニシアティブとして、大は、究オフィスの提供、約1億円のプロジェクト支援金および生助成金などを提供しています。プロジェクトメンバは、ハドおよびMITの修士、博士から選された門性を持つ30名の生と職員、および全米の地球暖化・気策の門家です。門家チムは、TH Chan公衆衛生大院、ジョンA.ポルソン工学応用科院、ハドビジネススクル、ハドケネディスクルなど、ハドの各校を代表する授、およびMicrosoftなど先進的に策に取り組んでいる企業の方です。筆者は2021年度の門家チムの一人に選され、プロジェクトに事しています

2021年度の気候変動リビング・ラボマは、「企業や自治体がカボンニュトラルを現するための支援ツルを評、分析、開する」ことです。そのテマに基づき、現在、次の4つのプロジェクトを進めています。

  1. ボンオフセットと再生可能エネルギの共同購入
  2. ボストン市の地球暖化防止プログラム構築
  3. ボン除去市場(CCUS)の投資
  4. オクラホマ州の先住民族の農業支援マイクログリッド事業

 

筆者は、すべてのプロジェクトにわりながら、主に、オクラホマ州の先住民族の農業支援マイクログリッド事業を担しています。プロジェクトの目的は、農業を軸に生活している先住民族の地域コミュニティが、環境負荷を減しながら、食料主権を向上させるコベネフィットの実に向けた事業計の提案、およびマイクログリッドを活用した温室効果ガス(GHG排出量の削減ツルを開することです。プロジェクトの要は次の通りです。

 

1. リソ該エリアにおける適地調査、ソシェアリングシステムの容量、建物、インフラの利用可能性など

2 .電力利用の性調査:地域ユの需要、所在地、電力コストと電力源など、現地の電力利用にする調査

3.マイクログリッドの設計存電力網との接、規制、電自動車の活用、放牧などの農業活動に適した設計

4.マイクログリッドやソシェアリングシステムの所有電量、連する再エネクレジット、初期資本コスト、運用コスト、資金調達メカニズムにする提言

5.コベネフィットの提言:食料主の推進など、家が重視しているコベネフィットの整理、およびコベネフィット測定する基準および現能力の分析とツルの開

6. 資金源や連リソスを含む、農業支援マイクログリッド事業の略に向けた提言

7.電力社のインセンティブ、制控除、助成金など、再エネやオフセット市場の現在の経済性や規制制度の分析

 

現在、週3回の定例ミティング、生、授、他の門家とのディスカッション、現地調査インタビュを通じて、事業計の策定、ツルの開に取り組んでいます。

2022年4月20日に施した中間報告には、ボストン市をはじめとした自治体や企業のサステナビリティ・気策の責任者、および全米の門家25人がハイブリッドで集まり、ディスカッション、フィドバックを行いました。

引きき、ソリュションの開に取り組み、本プロジェクトが終了した後は、Clime Change Living Labの目的の通り、ドで開したソリュションを更に改良し、日本の企業、地域へ適用していき、サステナブルな炭素社構築への加速に向けて、微力ながら貢していきたいと考えています。

ぜひ日本の校のキャンパスや地域で、Climate Change Living Labに取り組んでみたいBoston SEEDsの者の方や係者の方がいらっしゃいましたら、ご協力できると思いますので、筆者までご連絡いただければ幸いです。

第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

写真)世界で最も持可能な建物として、LEEDプラチナおよびLiving Building Challengeの認証を受け、2021年秋にオプンしたハド大の科技術ラボおよび究室

第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

写真)2022年4月20日に開催したオクラホマ州農業支援マイクログリッドプロジェクトの中間報告

 

持続可能な街づくり・SDGs#11

ド大には、ビジネススクル、ロスクル、ケネディスクル、メディカルスクルなど複の大院があり、そのうちの一つが1874年に創設されたデザイン大学院(The Harvard Graduate School of DesignGSD)です。

GSDは、世界で最も史のあるランドスケキテクチャプログラム(1893年設立)や、北米で最も古い都市計プログラム(1900年設立)を有しており、建築分野における環境デザインを主とし、建築、ランドスケ、都市計、都市デザインなどの課程があります。

2021年のBest Architecture Masters Ranking(世界建築大学院ランキング)において1位にランクされています。またGSDには、島平和記念公園を設計された建築家の丹下健三先生が寄贈された面が保管されており、アーカイブとして公開されています。

 

今回の記事では、現在、筆者がGSDの博士課程のメンバおよび門家と共同で取り組んでいるプロジェクト「国連ハビタット・持続可能な街づくりSDGs#11を紹介をさせていただきます。

このプロジェクトの目的は、2022年の夏に、連ハビタットと都市経済フォラムが共同で開催するイベント持続可能な都市開発のバーチャル・パビリオン」にて、ハド大として「持可能な都市開のあるべき姿」を術的な立場から提案し、世界に表することです。

 プロジェクトは、2021年9月に、建築デザイン都市開する経験・キャリアを有するハドの修士、博士、および門家の25人でスタトしました。

前半の2カ月間は、持可能性SDGs#11にする基礎知識の習得、ブレインストミング、アイデアの整理を行いました。基礎知識習得のため、①過去30年間の持可能な都市開史と理論、および他の環境分野や際開との係、②SDGs#11の史的理論的背景にする文を軸にディスカッションを重ねました。

後半は、各メンバ門性や心をふまえたチムを編成し、2022年夏の「持可能な都市開チャルパビリオン」の提案にむけた選考となるチコンペティションを開催しました。

幸いにも、コンペで最優秀賞をいただき、本番のパビリオン提案のたたき台となった筆者チムの提案を簡にご紹介します。

私たちのチムでは「Empowerment(エンパワーメント)」をコンセプトに、世界各の都市のうち、市民および地方自治体が主体となり街づくりに取り組んでいる事例を集し、その都市計とガバナンスタ等を分析し、都市開におけるプロトタイプデザインを作成しました。

次に、世界の都市を連携させるためのプラットフォムを構築しました。このプラットフォム上で、世界各の都市、自治体、市民をつなぎ合わせ、持可能な都市開における課題、成功失敗事例、イノベション、現プロセスなどの共有、およびディスカッションの場を提供していく仕組みです。

第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

)筆者のチムでデザインした北九州市の都市開のプロトタイプ。北九州市は、OECDより「SDGs推進に向けた世界のモデル都市」に選定されている。

第一回 ボストンに学ぶSDGsの今!(2/2)

写真)筆者のチムで構築した世界の都市、自治体、市民をつなげるプラットフォム。

2022年より、プロジェクトは、GSDの博士と筆者の所する門家のチム6名で引きぎ、4月21日にカナダのトロントで開催されたグランドオプニングイベントにて、中間報告を行いました。

これから夏までのカ月かけて、プラットフォムの改良を進めています。この取り組みが、今、世界で起こっている紛の解決、公平性の改善等、世界が持可能に前進していくためのコンセンサスの構築につながっていく事を目指し、チムの仲間とプロジェクトに取り組んでいます。

世界は、今後40年間、月ニュク市を1つ、つくりけるペスで都市がえており、2050年には、都市部人口が68%に到達すると予測されています。2050年のネットゼロの現に向けても、持可能な都市開は最重要課題の一つです。今後、街づくりの分野においても、ハド大と日本の大学・企業の連携化を進めていくことを視野に入れながら、引きき活動してりたいと思います。

ぜひ本プロジェクトや持可能な都市開、ハドGSDとの共同事業等にご心のあるBoston SEEDsの者の方や係者の方がいらっしゃいましたら、筆者までご連絡いただければ幸いです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

Motivation

Action